スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波鉄道の廃線跡(りんりんロード)にいってみたお(紫尾~酒寄)(2)



 -思い出してみると今年一年、色んな廃線の遺構を周りました。そこで思ったことがあります。それは余程日程に予定のない限りは無理せずに自転車よりバイクで周ったほうがよいということです。本当にバイクで来れば良かった…。

 -バイクなら車と違って小回りも利くし、燃料も食わないし、自転車だと今日のように風の強い日は全く前に進まないし…。特に今日は20ノット以上あるような…。




 -文句はこのくらいにして、次の目的地「紫尾駅跡」を目指します。実はドライブインでもあれば…と思ってりんりんロードではなく、41号線を走っているのですが何も無い…。しかし、駅はなくなっても駅入口の道路が残っているのと入口前に妙な埴輪の大群があるのでいままでよりも場所はわかりいいです。



 -駅のホームに立つと「加波山」が見えます。25年前の様子を思い浮かべながら…。



 -「紫尾駅跡」を過ぎて、今度は「坂寄駅跡」目指して41号線沿いを走ります。見上げると鷹みたいな鳥が飛んでいる…。

 -歩道沿いに白いアーチが建っているのが「酒寄駅跡」です。実は前回、この場所を回るのを忘れたので今回、再び筑波まで来たようなものです。当時は田んぼの中にある小さな駅だったそうですが、道路が出来て今のような様子になってしまったのだそうです。駅の裏手はすぐ里山になっています。



 -「犬も歩けば棒にあたる」なんていいますが、来年も「当たった棒をへし折ってやる」気負いで色んな場所に行ってやろうと思います。とりあえず今回はまた騰波ノ江までもどって帰ろうと思います…。風も強いし…。
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真 - ジャンル : 写真

筑波鉄道の廃線跡(りんりんロード)にいってみたお(常陸桃山~筑波)(1)



 -「色即是空」、そして「鉄は熱いうちに打て!」。二つとも自分の好きな言葉です。どちらもいい響きですね…。自分も仕事もせずに後世に残る言葉を考える哲学者になりたい…。「お嫁さんと畳は若ければ若いほどよい!!!!」



 -今日は前回、真壁で終わりにしてしまった筑波鉄道の遺跡をたどる旅の続きをしに桃山付近に来ました。「かつての賑わいを思い浮かべつつ、今の風景を眺めながら年を越すというのはさぞ趣があるだろう」と考えたからです。なので自転車にテントと煮炊き道具を積んできました。こんなに崇高な年の瀬を迎える人間はそうそういないだろう。



 -「ここが常陸桃山駅だったのかァ(なんだか石積みがあるからそうだろう)!」と思ったのですが、もう100m手前だったようです。なんでもそう見えてしまう症候群なんだろうか…。



 -思ったのですが大概の駅の遺構は学校の近くにありました。写真はローマのパルテノン神殿を髣髴とさせるローマ桃山中学校校舎です。「鉄は熱いうちに打て!!!」

テーマ : スナップ写真 - ジャンル : 写真

筑波線の廃線跡(りんりんロード)にいってみたお( ^ω^)(4)


 -「東飯田駅跡」に辿り着きました。電車が走っていた当時の写真を見ると小港鉄道の上総久保のような雰囲気だったようです。それにしても「競争相手が多すぎてけんかにならないのか!?」と言うくらい兎に角石屋さんが多いです。駅前にも石屋さんがあります。そういえば岩瀬に行く途中にもイースター島みたいな石屋があったような…。


 -自分は訪問した跡に訪問した場所の地図をグーグルマップで見るのが好きなのですが(訪れる前に見ればいいといつも思う)、特に廃線跡は地図にも載っていないので衛星画像で何やら枯れ木の生えた場所を見るとそこが筑波線の駅の名残なのでもっと一つ一つきちんと調べてから来たらよかったです…。サテライトの画像が自転車道を走っている人を判別できるくらいの解像度で少し驚きました…。



 -石材加工の町-真壁駅跡です。ここにも桜の木がたくさん生えています。貨物用の側線があったり広い駅だったようで、跡地に駐車場のある休憩所になっています。


 -日も暮れかけて寂しい場所が余計に寂しくなってきました…。一度仕切りなおして、関東鉄道だったら自転車のまま乗れるので騰波ノ江まで走って帰ろうと思います。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

筑波線の廃線跡(りんりんロード)にいってみたお( ^ω^)(3)



 -山の麓を一直線にサイクリングロードが伸びます。「そういえば京都に行ったときもやたらと山が近くて昼間でも寂しい感じの道路があったな…」などと思いつつ、雨引駅跡目指して走っています。



 -「りんりんロードの"りんりん"っていうのは、正確にはどういう意味なんだろう」と考えていると雨引駅跡(現在は雨引休憩所)に辿り着きました。春に来れば桜がすごそうです。廃線から半世紀経ってもこうして残っているところが不思議な感じがします。



 -雨引駅前にある謎の門扉。昔の写真をみると何だったのかわかる工作物が残っています。



 -「鉄道は無くなったけど、鉄道以外はその当時のままなんだろうな」と思いつつ真壁を目指します。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

筑波線の廃線跡(りんりんロード)にいってみたお( ^ω^)(2)



 当初、「"岩瀬"から"土浦"まで走ってUターンしてまた"岩瀬"にもどってこよう」と計画していたのですが、そのまま帰った方がよさそうなのでもう一度、岩瀬駅のまわりをモヤモヤしてみましたが吉田家具店しかないので出発することにしました…。



 民家もまばらですが、自転車道を歩いている人は結構います。そうして少し走ると北関東自動車道が見えてきました。岩瀬から雨引までは4.6kmあります。里山の横の整備された廃線跡を走るので「道に迷う」ということはないです。こんなに良い自転車道があったり、茨城県って言うのはよっぽどお金があるんだろうか…。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

プロフィール

おじゅじゅ

Author:おじゅじゅ
おれたち毎日何がしたいんだろうな( ^ω^)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

おじゅじゅ

Author:おじゅじゅ
おれたち毎日何がしたいんだろうな( ^ω^)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。