スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山県の木造駅舎を全て制覇するお( ^ω^)(6下立~上堀)



 あらすじです ・・・富山県の民鉄としての最大級の路線規模、そして富山地鉄初代社長-佐伯宗義氏の交通体系整備に対する強い理念に心惹かれ、風の向くままさいたまから原付で旅立ったのですが・・・。

2012_09_09_2.gif

 今回は「黒部」から富山の中心の「南富山」に行ってみようと思っています。南富山は木造駅舎ではないですが、市電の車庫があったり研修センターがあったりと見所が多そうなので寄ってみることにしました。

2012_09_09_3.jpg

 黒部から原付で1時間半くらい走ると南富山のビルが見えました。屋上に踏切があるね・・・。正式には「南富山駅前駅」というそうですが、なんだかまどろっこしい・・・。

2012_09_09_5.jpg

 建物の右側の道路を抜けると、市電の検査や修理を行う車庫があります。デ3533はどこだ・・・・。

2012_09_09_4.jpg

 南富山駅に戻ってきた市電が車庫に入るために・・・

2012_09_09_6.jpg

 運転士のおじさんがポイントを操作します・・・。なんだかアナログでいいな・・・。

2012_09_09_7.jpg

 今年(2012年)に脱線して有名になった上堀駅に到着しました。富山に来るにあたって楽しみにしていた木造駅舎の一つです。

 旅の前に、どうして自分が木造駅舎に神社やお寺のような親しみを感じるのかについて少し調べてみました。日本に鉄道ができてしばらく経つと「駅舎」の意匠に対して遊び心というものが出来てきて、日本にすでにあるもの(神社や民家)を建物に取り入れるということが行われたのだそうです。そういう目で見ると見慣れた古い駅舎も少し変わった感じに見えるのかもしれないね・・・。

スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真 - ジャンル : 写真

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

おじゅじゅ

Author:おじゅじゅ
おれたち毎日何がしたいんだろうな( ^ω^)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

おじゅじゅ

Author:おじゅじゅ
おれたち毎日何がしたいんだろうな( ^ω^)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。